介護ベッド付属品

  1. トップページ
  2. その他福祉用具
  3. 介護ベッド付属品

介護ベッド付属品とは?

利用者の動作を支援する機能はもちろん、介助者の負担を軽減するための機能も備えた福祉用具で、介護ベッドに取り付けて使用します。
それぞれの機能を理解し、用途や目的に合わせて最適な付属品を選ぶことが大切です。

介護ベッド付属品の主な種類 ※写真は商品例です

アルファプラすくっと

アルファプラすくっと

固すぎるマットレスは寝苦しさを感じ、柔らかすぎるマットレスではからだが沈み込み動作がしにくくなります。
ご本人に合った適度な堅さのマットレスを選びましょう。

スイングアーム介助バー(KS-096)

スイングアーム介助バー(KS-096)

介助バーは、ベッドにしっかりと固定でき、寝返りの支援やベッドから離れるときには手すりの役割をはたし、不意の転倒を予防するなど、自立の支援に適した福祉用具です。

リハビリテーブル

リハビリテーブル

ベッドや車いすと組み合わせて使うことができます。日常生活において、活動的な前傾姿勢を習慣づけることでお使いになる方の身体機能の回復や覚醒を促します。

掲載以外にも、ご利用者様の状況に最適な、様々なタイプの介護ベッド付属品を取り扱っております。
詳細は担当者より詳しくご説明いたします。下記フリーダイアルかメールにてお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ:0120-77-4339
  • メールでのお問い合わせ

ショールーム『セレクションスペース笑顔』のフェイスブックページ

ショールーム『セレクションスペース笑顔』のネットショップ

株式会社三笑堂 在宅事業部
〒601-8122
京都市南区上鳥羽北塔ノ本町2番地
SMGビル4F (地図はこちら
TEL:0120-77-4339
FAX:0120-20-7213
各営業所へのお問合せ先はこちら

ページの先頭へ